menu

Your FISHING more fun !

  • EXTREMEFishingch
  • @1extremeinfo Twitter
  • 1extremefan facebookページ

Feather Light 63

マングローブや葦際、プラッギングを楽しむために…

 

マングローブ、葦際、コンクリートの構造物など、旅先で刻々と変化する様々な環境のなかで、優雅な操作感を求めるスローテーパーなベイトロッド。

グラスのようなしなやかな曲がりを、低弾性カーボンのみで表現。
ベイトフィネスチューンされたリールとのマッチングを考え、竿先からの反発が一定の加速度になるよう、素直な設計にしており、ULロッドにありがちな竿先のもたれをリコイルの採用で解消しました。リコイルの採用により、とてもスローテーパーとは思えないほどシャープに感じますが、振り抜く時はやはり低弾性。
ゆったりと、スローモーションのようにルアーを送り込むことが出来ます。

従来のスローテーパーロッドは、トップウォーターロッドに代表されるように、ほとんどがショートハンドルです。旅用に開発されたフェザーライトは大型魚の可能性を考え、このハンドル部分から設計を開始しました。大型魚に走られてしまう方向を決めるのはロッドワーク。このロッドワークにおいて、スローテーパーのULロッドは真上に引き上げた形でのファイトを強いられます。このときショートハンドルは手首一本でのファイトとなり、竿先の方向が不安定になりやすくなります。これらを両手で解消して、かつロッドのバランスが手元付近におさまるように、ダブルハンドルの重量と長さを設計しました。

10708726_743808182353025_6744202956819702789_o

PE全盛の日本のルアーゲームですが、マングローブなど根に潜られる釣りで必要なのはまだまだナイロンやフロロラインといったモノフィラメント系ラインです。一方でベイトフィネスの釣りは「太い糸で軽いルアーを飛ばす」という考え方で、この志向を取り入れた場合、ラインはPEではなくモノフィラメント系に変わります。小さいルアーで大きな根を撃ち、中~大型の魚を出す、穴撃ちの釣りではまさにベイトフィネスがマッチするのです。この釣りのロッドに関して言えば、トップガイドはマイクロセッティングが主流です。
軽く、狭くすることで、振ったロッドの方向性をすばやく安定させ、任意の場所へとルアーを導くのです。しかしながら、穴撃ちの釣りにおいてはショックリーダーの問題が生じ、どうしてもガイドの口径をある程度上げなくてはなりませんでした。こうなると、ガイドの重みもあって、ロッドの振幅が収まりません。そこで、トップガイドとバットからベリー側のガイドをSiCで残したまま、ティップ側のガイドのみを形状記憶チタンのワイヤーガイド『リコイル』にしました。こうすることによって、劇的にガイドの重みを解消し、ロッドの振幅を抑えることに成功。
最低限、ショックリーダーの通る口径も確保することができました。

feather light63
Rod Detail
Spec
ModelFeather Light 63
CodeFL63
ActionS
Length (ft)6'3"
Folded Length (cm)131
Rear Grip Length (cm)23.5
Rod Wt. (g)125
Mono Line (lb ,MAX)20
PE (# ,MAX)2〜4
※リコイルガイドの使用上、2号未満のPE使用は推奨いたしません。
Cast Wt. (g)42
Price (¥ ,税別)39,800

SHARE

  • 1extremefan facebookページ
  • @1extremeinfo Twitter
  • EXTREMEFishingch

© 2017 extreme. All rights reserved.